健診で「肝血管腫」「肝臓に陰がある」と言われたら

健診の腹部エコー検査で、「肝臓に陰があります。肝血管腫と思いますが、精密な検査を受けられてください。」と言われることがあると思います。そこで、大きな病院を受診すると、再度腹部エコーを受け、腹部CT(造影)や腹部MRI(造影)検査を受けることが多いと思います。でも、造影エコー検査を受けられる(勧められる)方は少ないと思います。
肝臓のできものの診断に、造影エコー検査はとても有用ですが、何故か普及していないのが現状です。
非常に有益な検査で、造影エコー検査に使用する造影剤はCT等に比べると安全性が高いです。(エコー、CT、MRIの造影剤はそれぞれ違うものが使用されます)造影剤の副作用だけではなく、CT検査の被ばく問題も造影エコー検査にはありません。慣れた医師が行えば、その診断能はCTやMRIに匹敵します。
でも、なぜ通常(普通の外来で)行われないのでしょうか?原因はいくつか考えられます。その一つは、エコー検査を検査技師さんたちが行う施設が多いからだと思います。(造影エコー検査は基本的に医師が行います)また、医師であっても、造影エコー検査の経験が少ないからかもしれません。(造影エコー検査を1000回以上行った医師は非常に少ないのが現状です)

実際の患者さんを提示します。
40代の方で、健診で「肝血管腫疑い」と言われて、当院外来を受診されました。
通常のエコー検査を行い、数か所に低エコー(やや黒く見える)の所見を認めたため、すぐに造影エコー検査を追加しました。
○分かりにくい、赤丸の部位に二つのやや黒い陰が見えます。


○造影剤を入れると右の画面(左は通常のエコー)に白く見えてくるできものがあります。リアルタイムで観察すると、典型的な血管腫であると診断できます。(造影エコー検査は15分程度かかります)

造影エコー検査は、簡便に肝血管腫の診断が可能です。(ただし、CT、MRIと同様に典型例でない場合は確定診断に至らない場合もあります)
CT、MRIといった、時間とお金がかかる検査を受けられる前に、造影エコー検査を受けられることをおすすめします。(当院ではいつでも行っています)
○造影エコー検査は、1回6000円(3割負担の場合)ほどかかります。CT,MRIの造影は10,000円以上です。すぐに受けられ、診断でき、しかも副作用はほぼ0です。

造影エコー検査は、肝臓がん、胆管癌、転移性肝がんなどの診断にも有用です。
肝癌がんで治療されている(外来で経過をみられている)患者様は、3~4カ月に1回の割合で、腹部CT(造影)や腹部MRI(造影)をされている方が多いと思います。
造影エコー検査を行えば、それらの検査を減らすことも可能です。
CTやMRI時に使用する造影剤の副作用(アレルギーや腎臓への負担)や被ばくを考えると、頻回に、定期的にそれらの検査を行うのは間違いと考えます。
大きな病院などで経過をみられている患者様へ。一度は「CTよりも造影エコー検査でみてください。」とお願いしてはいかがですか?